ノートとコーヒー 「アクティブメンタル®体制でつくる収益と笑顔」 今週の専門コラム

当コラムでは、経営者、人事・労務・経営企画など経営幹部の方々を対象に、イキイキ働く社員が育ち、団結して業績が伸びる「働きがいのある職場」づくりの基本的な考え方や、具体的なヒントをお届けしてまいります。

社員と顧客に愛される魅力的な会社が実践している「やる気ある社員が育つ仕組み」、「働きがいを高める仕組み」づくりに興味はありませんか?

「メンタルに強い社員を育てたい」「チームとして団結する強い組織を作り上げたい」「次世代の幹部候補生を育成し、離職を防ぎたい」「社員の成長と幸福を実現し、成長し続ける強い組織風土を作りたい」などと感じている方々は、ぜひ登録されご活用ください。

毎週火曜日更新です。

第54話: メンタルヘルスを個人の心の問題と捉えて組織が衰退する理由

「高橋さん、先日、とても残念なことがあって。優秀な30代の男性社員が、上司からの叱責が続いたことで体調を悪化させてしまい、いよいよ休職予備軍となってしまったんですよ。」先日、企業で働く社員のメンタル相談を受けているカウンセラーの方からの嘆きを聞く機会がありました。…

詳細はこちら

第53話:社員が成長できる組織と成長できない組織の違い

先日、会社の主要部門で、人財育成を担当される責任者の方と話をしていると、その部門で数年キャリアを積んだ社員は、大変優秀であるとみなされ、他部署へ異動することが多い、つまり、引き抜かれることが多いと伺いました。 これまで育ててきた人財が、いよいよリーダーとなって実力…

詳細はこちら

第52話:社長が知っておくべき、今、最も必要な若手育成の秘訣

先日のセミナーでお伝えして反響があった一つが、職場でのメンタル不調者が1名出て休職した場合、企業が負担する費用のシミュレーションでした。休職者へ支払う給与だけではなく、マイナス1名となった現場の負担や、直属上司や人事担当者のフォローなどの業務を費用として換算すると…

詳細はこちら

第51話:自社にあったオリジナルなアクティブメンタル組織を作る法

前回のコラムでアクティブメンタル組織づくりに必須なのは、以下の3つであるとお伝えしました。 ・ストレスに対処し、心が健康であること ・働きがいを感じていること ・職場のコミュニケーションが活発でサポート体制があること セミナーでも、これらの3つの内容についてお話す…

詳細はこちら

第50話:アクティブメンタル組織で会社が成長するための3つの条件

当コラムも50話となりました。丁度よい区切りでもありますので、本日はあらためて、アクティブメンタルについて詳しくお伝えいたします。 当社ではアクティブメンタル組織づくりのコンサルティングを行っていますが、アクティブメンタルという言葉が聞きなれないため、セミナーはも…

詳細はこちら

第49話:改革、改善の抵抗勢力とは、変化を恐れている勢力である

職場環境改善による組織活性化を始めてしばらくすると、必ずといってよいほどぶち当たる壁があります。それが抵抗勢力の台頭です。つまり、新しい取り組みに全く協力せず、それどころか否定的で批判的な言動をする勢力のことです。これが役員など幹部クラスにいる場合もあります。 と…

詳細はこちら

第48話: 社長が正しく知っておくべき 成功事例から学ぶべきモノ

生産性向上の企業の取り組み、テレワークの導入、女性管理職の積極登用など、様々な職場改善の事例があふれています。特に、経営者自ら、あるいは人事労務の責任者が自社におけるが社内変革の内容やプロセスを、具体例をあげつつ説明したビジネス書なども目に付くようになってきました…

詳細はこちら