代表 髙橋 雅美よりご挨拶 初めての方へ 代表 髙橋 雅美よりご挨拶

社員の幸福と企業の成長・繁栄を本気で目指す経営者の方へ

当社のオフィシャルウェブサイトにお越しいただき有難うございます。株式会社ココティアコンサルティング代表の髙橋雅美です。

当社は、日本で唯一、「アクティブメンタル®」という体系化された独自のプログラムにより、社員一人ひとりが心身共に健康で、働きがいを感じ、組織としてチーム力をいかんなく発揮し業績が伸びる組織づくりを支援・指導するコンサルティング会社です。

私どもは、目まぐるしい環境変化、競争激化の今、会社が生き残り、持続的に成長し続けるには、社会や顧客が求める独自の価値を提供し、高く評価される必要があると考えております。そのためには、変化を柔軟に受け入れ、逆境にも負けない組織でなければなりません。

成功のカギは、社員一人ひとりがメンタルに強くやる気にあふれ、イキイキ働く「働きがいのある職場」なのです。このような組織では、自信に溢れ、自社で働くことに誇りと喜びを感じる社員が仕事に熱中し成果を出しています。

チーム内のコミュニケーションも活発で、協力しあう土壌があるため組織としても団結して最大限の力を発揮します。その結果、優秀な社員が定着し、会社の業績に大いに貢献します。

ところが今、多くの会社が「働き方改革」を掲げ「働きやすい職場づくり」を目指して、様々な制度の導入や改善、メンタルヘルスやハラスメント対策に膨大な時間、労力、コストをかけています。ですが、残念ながらそのような方法だけでは、優秀な人材が定着し、成長し続ける魅力的な組織にはなり得えないのです。

また、「人材育成」や「組織風土づくり」で、中小企業がやってはいけない3つの間違いがあります。

間違いその1

自社組織の強み、弱みは自分たちが一番よく知っている。まして、人材開発などはこれまでのノウハウもある。だから、社長や経営幹部が自ら書籍を読んだり、セミナーに参加して学び自己流で行うという間違い。

当社の考え

確かに、自社組織強み、弱みについて社長含む経営陣が良く知っているというのは事実かもしれません。が、自社の課題について把握しているここと、その解決法を知っていることとは全く別のことなのです。

「自社らしい取り組み」をすれば良いのですが、結局、その組織内にいる人間が考える取り組みというのは、これまでの常識のカラを破ることができず、「改善・改革」には至らないことが多いのです。自社の強みを理解し、企業風土を最大限に活かせる外部の客観的な視点や専門知識が必要でもあります。

つまり、社内の「人材育成」や「組織風土改革」を自社内だけで行うと、相当の労力やコスト、時間がかかってしまうのです。そもそも社長は「人材育成」や「組織風土づくり」改革において、リーダーシップを発揮することは必要ですが、その中身まで自身で考え、試行錯誤する必要はないのです。外部の専門コンサルティング会社を大いに活用すべきなのです。

間違いその2

モチベーション向上の施策や、働きがいのある社風づくりに成功している企業は多くある。それらの企業が実践して成功した事例を自社でも同じように取り入れれば成功するに違いないと考える間違い。

当社の考え

健康経営やエンゲージエント経営という名のもと、1on1ミーティング、ありがとうカード交換、シャッフルランチ、メンター制度、表彰制度、オフサイトミーティング、社内部活動や社内勉強会などの様々な方法を自社で展開し、社員が働きがいを感じ、チームとしても団結して生産性の高い働き方で結果を出している企業があります。ネットで検索するだけでも、企業の成功例はいくつも目にすることが可能です。

熱心な経営者ほど、他社の成功事例から学ぼうとします。そして、同じ取り組みを自社でも実践しようとします。ですが、そこに大きな落とし穴があり、導入した施策が実ることなく形骸化してくのです。

その理由は簡単です。他社と自社では組織の構成やカルチャーが違うからです。企業により、働く社員の年齢や男女比などの構成は様々です。業種によっても様々です。また新しいものに比較的抵抗のないのか、あるのかなど、企業カルチャーや風土も大いに関係します。

つまり、他社の成功事例をそのままマネだけしても、社員に受け入れられず根付くこともないのです。では、どうしたらよいのか。自社のカルチャーや、経営方針、自社の強みや特徴を客観的に分析し、それらを十分に生かした取り組みにする必要があるのです。

また、導入にもステップがあり、それらをひとつずつクリアしていかなければなりません。当社はこれまでの実績で得た導入ノウハウや具体的ステップを提供しています。

間違いその3

待ったなしの課題が山積みで、自社でも積極的に取り組みたいが、何から始めればよいかわからない。ノウハウもないので全部を専門家に丸投げし、なんとかしてもらおうとする間違い。

当社の考え

日ごろより様々な課題を抱える中小企業の経営者にとって、実績があり信頼できる専門家を見つけるまでが大変なことでもあります。しかし、いったん外部に依頼することを決断すると、あとはお任せとばかりに丸投げしてしまうことは大変危険です。

そもそも「人材育成」や「組織風土づくり」というのは自社内の取り組みなので、成功させるには、経営トップの「情熱」と「覚悟」が最も重要なのです。そのため、社長はもとより、経営陣が理解し、率先して実践することが必須なのです。

また、社内に受け入れられ、根付かせるためには、外部から与えられた「お仕着せの取り組み」ではなく、自社の強みを活かしつつ、自社にあった取り組みをアレンジしなければなりません。外部に一任するのではなく、外部専門家と共に、経営陣と社内のプロジェクトメンバーがチームとなり、取り組まなければならないのです。

イキイキ働く社員が育ち、チーム力を発揮する組織風土づくりならお任せください

当社の提供する「アクティブメンタル®」組織づくりプログラムでは、全ての社員がイキイキと仕事に熱中し、自らの能力を存分に発揮できる組織を作り上げていきます。これは、やる気を持たせる、目標管理をさせるという手法ではありません。また、社員教育や研修の実施による知識やスキルの提供でもありません。

「人材育成」と「組織風土改革」という2つの施策を導入することで、社員の思考や行動様式を劇的に変え、組織自体を活性化し、まさに、危機や逆境にも強く、結束・団結力をもった社員と自社組織を作り上げる仕組みを提供します。そのため一旦仕組みを導入した後は、コンサルタントの手を借りずとも、自社自ら、社員と共にその仕組みを育てていくことが可能となります。

しかし、新しい体制を導入する際に、社員に「やらされ感」があれば自社に根付くのは至難の業です。この「アクティブメンタル®」も同様です。いかに自主的に取り組む姿勢、仕組みを根付かせるかが、重要なポイントとなります。

そのため、当社のコンサルティングプログラムは、経営者と社員が心を共有し、プロジェクトチームが率先して企画・実施し、社員も楽しみながら「アクティブメンタル®」組織づくりに参加できるようステップを踏んだ内容となっています。

  • 「メンタルに強くやる気ある社員が育つ組織を作り上げたい」
  • 「社員にイキイキ、活力にあふれ仕事に取り組んでもらい、業績を伸ばしたい」
  • 「次世代の幹部候補生の離職を防ぎたい」
  • 「社員が能力を発揮できる職場環境を作り、優秀な人材を集めたい」

とお考えならば、ぜひ一度、当社主催のセミナーへご参加ください。

私どもは、社員の幸福と企業の成長・繁栄を本気で目指す経営者を全力でご支援します。