母校の上智大学で非常勤講師として講義を行いました お知らせ

「~自分を活かす チームを活かす~ ストレスマネジメントとリーダーシップ」

 

11月10日(火)、当社代表の髙橋が、母校の上智大学で非常勤講師として講義をさせていただきました。産学連携講座の一環でです。

グローバル時代、ダイバーシティ社会ではもちろんのこと、ポストコロナ時代の新しいリーダーの在り方は、「柔軟な心を持ち、多様性を理解し、受け入れまとめるリーダー」であり、「様々な価値観のヒトと働く中で心理的安全性を作りあげることができるリーダー」なのです。

つまりリーダーにとって、ますますストレスフルな時代になっていくということもあります。

これから社会に出てリーダーを担う学生に、自分の能力を最大限に活かすための「ストレスマネジメントの重要性」とチームの力を発揮させるリーダーとして必要な「信頼関係構築のために相手を理解する傾聴・共感の知識やスキル」を学んでいただきました。

今回は、オンラインで行いました。「コロナ渦というストレス下の状況をどのようにポジティブに捉えるか」というディスカッションでは、学生たちの柔軟な頭と心に感心し、大変刺激を受ける時間となりました。